冷え性改善・対策ネットTOP > 冷え性の改善しよう > 冷え性に効く入浴法とは?

冷え性に効く入浴法とは?

 
冷え性には入浴が効果的ですが、その中でも特に効果が高くなる入浴法がありますのでぜひお試しください。まず、お湯の温度は40度から42度に設定します。これは少し熱めといえる温度です。お湯に入るのは10分間、まず最初の5分間はお湯の中に横たわるような姿勢で首までしっかりとつかります。後半の5分間は胸元を出して座る姿勢をとって、リラックスしてお湯につかります。10分間という時間は短すぎず、長すぎず、ちょうどいい時間だそうです。これはあまり時間のない時に行なえばいいかと思います。時間に余裕のある日はさらに効果が高まる「ストレッチ入浴法」をおすすめします。最初の2分間は浴槽のへりを枕にする形で首までしっかりお湯につかって、そのまま体を温めます。次に上半身のストレッチを行ないますまず両方のひじを後ろにつっぱって胸を張ります。さらに左右の肩甲骨をくっつけるようにして背筋を伸ばし、5つ数えます。ここでは力を入れて思いきり背筋を伸ばして下さい。5つ数えてゆるめて、また同じように胸を張って5つ数えます。入浴後5分たったら下半身のストレッチを行ないます。まず浴槽から胸元を出して座る姿勢をとってください。次に座戦のような形で足を組み、足の指先を手で握って引き寄せるように足の指を伸ばしてください。5つ数えて手を離し、浴槽の中で足を伸ばします。そのまま30秒ほど休み、また同じ動きを繰り返してください。これを2回か3回行ない、終わったらそのまま10分経過するまでゆっくりと休んで体を温めます。これは足を伸ばすことで血液が足先まで循環して、冷えを改善する効果が得られます。時間に余裕がある日はお湯の中でのストレッチをためしてみてください。また、半身浴で体を温める方法もあります。この時は40度までのお湯につかりましょう。それ以上の高い温度にしても、体の表面は温まりますが、体の奥までは熱が届かないことになります。入浴法によってお湯の温度を変えることも大切です。
 

関連記事一覧

体を温める食事とは?

冷え性で冷えてしまっている体を温めるために、体が温まる食事を摂るようにしましょう。食品には、体を温める効果のある「温熱性の食材」、逆に冷やしてしまう「寒涼性の食材」、そしてその中間...

冷え性に効く運動とは?

冷え性の改善には、運動が効果的です。運動をすることによって体内の血行が促進され、血流が体を内部から温めることになるからです。また、細胞の新陳代謝も高まります。さらに、体を動かして汗...

冷え性に効く入浴法とは?

冷え性には入浴が効果的ですが、その中でも特に効果が高くなる入浴法がありますのでぜひお試しください。まず、お湯の温度は40度から42度に設定します。これは少し熱めといえる温度です。お...

腹巻が体を温めてくれる理由とは?

冷え性には腹巻が効果的です。最近はおしゃれなデザインのものも多く販売されており、若い女性の方も愛用される方が多くなっているようです。腹巻はおなかだけを温めるように思われますが、おな...

ホッカイロの有効的な活用法とは?

冷え性の方がよく利用されるのがホッカイロ、体に貼りつけるタイプの使い捨てカイロです。このホッカイロも貼り方によって効果が大きく変わります。まずいちばん気をつけなければならないのがホ...