体を温める食事とは?

 
冷え性で冷えてしまっている体を温めるために、体が温まる食事を摂るようにしましょう。食品には、体を温める効果のある「温熱性の食材」、逆に冷やしてしまう「寒涼性の食材」、そしてその中間にあたる「平性の食材」の3種類があります。体を温めるためには、この温熱性の食材を多く摂ることが必要になります。具体的にどういうものが温熱性なのかといいますと、穀類では、もち米・麩・ライ麦など、肉類では、羊肉(ラムやマトン)や鹿肉、魚ではあじ・さば・いわし・ふぐ・鯛・えび・かつお・たら・ぶり・うなぎ、野菜類では玉ねぎ・にら・にんにく・ねぎ・かぶ・かぼちゃ・ごぼう・大根・チンゲン菜・れんこん・にんじん、といったところです。これらは代表的な一例であり、まだ多くあるものと思われます。それらの食材の特徴としては、塩辛いもの、寒い土地や寒い季節に収穫されるもの、水分が少なく硬いもの、植物であれば地中でまっすぐのびるもの、煮込むのに時間がかかるもの、などです。

温熱性食材を中心にした食生活を


また、これらの食材ばかりを食べなければならないといったわけではなく、その他の食材とうまく組み合わせて調理すること、そして、焼いたり煮たりするなど熱を加えた料理を多くするべきでしょう。特に生野菜は体を冷やしてしまうので、野菜類は加熱して食べられるものを中心に摂るようにしましょう。飲みものは冷えたものはできるだけ避けて、熱いお茶にしましょう。ただし、緑茶は体の熱を奪う効能を持っているため、その他のお茶が良いと思います。アルコールですが、熱燗にした日本酒などは体を温めますが、冷えたビールは当然のことながら体温を下げることになります。また、お酒類の飲みすぎは利尿作用を促進して、体温を下げる効果につながりますので適量の飲酒にとどめておいたほうがいいですね。温熱性の食材は体内でよく燃焼し、エネルギーを作り出します。そのエネルギーが体を温める大きな力になり、その温熱性食材を中心とした食生活を続けることで、冷え性が改善されていくものと思われます。

尚、すぐに体を温めたい場合には、低分子ポリフェノールから作られた紅珠漢を取るのもおすすめです。その効果についいては、こうじゅかんの口コミを参考にして下さい。
 

関連記事一覧

体を温める食事とは?

冷え性で冷えてしまっている体を温めるために、体が温まる食事を摂るようにしましょう。食品には、体を温める効果のある「温熱性の食材」、逆に冷やしてしまう「寒涼性の食材」、そしてその中間...

冷え性に効く運動とは?

冷え性の改善には、運動が効果的です。運動をすることによって体内の血行が促進され、血流が体を内部から温めることになるからです。また、細胞の新陳代謝も高まります。さらに、体を動かして汗...

冷え性に効く入浴法とは?

冷え性には入浴が効果的ですが、その中でも特に効果が高くなる入浴法がありますのでぜひお試しください。まず、お湯の温度は40度から42度に設定します。これは少し熱めといえる温度です。お...

腹巻が体を温めてくれる理由とは?

冷え性には腹巻が効果的です。最近はおしゃれなデザインのものも多く販売されており、若い女性の方も愛用される方が多くなっているようです。腹巻はおなかだけを温めるように思われますが、おな...

ホッカイロの有効的な活用法とは?

冷え性の方がよく利用されるのがホッカイロ、体に貼りつけるタイプの使い捨てカイロです。このホッカイロも貼り方によって効果が大きく変わります。まずいちばん気をつけなければならないのがホ...