冷え性改善・対策ネットTOP > 冷え性の改善しよう > ホッカイロの有効的な活用法とは?

ホッカイロの有効的な活用法とは?

 
冷え性の方がよく利用されるのがホッカイロ、体に貼りつけるタイプの使い捨てカイロです。このホッカイロも貼り方によって効果が大きく変わります。まずいちばん気をつけなければならないのがホッカイロを貼ることによるやけどです。ホッカイロは炎のようにさわれないような熱さではないのですが、長く貼ることによって低温やけどを起こすことがあります。これは体温よりも温度の高いものを長く皮膚に当て続けることでその部分がやけど起こします。水ぶくれや赤い斑点ができて、痛みがあるうえ、皮膚の深い部分にまでダメージを与えることになります。それを防止するためには、肌に直接貼るのではなく、衣服の上から貼ったり、長時間その部位に貼り続けるのではなく、時々貼る箇所をずらすなどしましょう。ホッカイロは手軽に使えて便利ですが、その反面温度を自由に調節できないデメリットがあります。そのため、貼る位置を時々変えたり、ホッカイロと肌の間に衣類を何枚かはさむなどしてうまく温度を調節しましょう。

ホッカイロはどこに貼ればより効果的か


次にホッカイロを貼る箇所ですが、手や足に直接貼るよりも、体の中心部に貼ることで全身をくまなく温めることができます。まずは首筋、首の後ろに貼ることで全身を温めることができます。腰に貼ることも有効です。背中とおしりの中間点あたりに貼ることで、内臓を温め、腰のあたりを通っている大きな血管を温めることで血行をよくして、全身のすみずみまで血液を循環させることができるため、手や足のつま先まで暖かさを感じることができます。特に年齢の高い女性は腰まわりの冷えを感じる方が多いかと思われますが、腰にホッカイロを貼って温めることで、内臓や子宮の血流を良くして、代謝機能を促進させることができます。その他、肩甲骨の下の部分に貼ることで、内臓の血流をよくして機能を向上させることができます。また、足の冷えをつらいと感じる場合には、ふくらはぎの真ん中あたりに貼ることで、腰から足のつま先までくまなく下半身全体を温めることができます。これはこのふくらはぎの部分が足の血液を循環させる役割をしているためです。
 

関連記事一覧

体を温める食事とは?

冷え性で冷えてしまっている体を温めるために、体が温まる食事を摂るようにしましょう。食品には、体を温める効果のある「温熱性の食材」、逆に冷やしてしまう「寒涼性の食材」、そしてその中間...

冷え性に効く運動とは?

冷え性の改善には、運動が効果的です。運動をすることによって体内の血行が促進され、血流が体を内部から温めることになるからです。また、細胞の新陳代謝も高まります。さらに、体を動かして汗...

冷え性に効く入浴法とは?

冷え性には入浴が効果的ですが、その中でも特に効果が高くなる入浴法がありますのでぜひお試しください。まず、お湯の温度は40度から42度に設定します。これは少し熱めといえる温度です。お...

腹巻が体を温めてくれる理由とは?

冷え性には腹巻が効果的です。最近はおしゃれなデザインのものも多く販売されており、若い女性の方も愛用される方が多くなっているようです。腹巻はおなかだけを温めるように思われますが、おな...

ホッカイロの有効的な活用法とは?

冷え性の方がよく利用されるのがホッカイロ、体に貼りつけるタイプの使い捨てカイロです。このホッカイロも貼り方によって効果が大きく変わります。まずいちばん気をつけなければならないのがホ...