ストレス

 
ストレスの過多が冷え性の原因となることも多くあります。人間は誰でもストレスを抱えて生きていると言われています。

そのストレスは大小さまざまですが、睡眠不足によるものや体の疲労からくるもの、あるいは職場での人間関係、家庭内でのいざこざ、その他さまざまな原因でストレスを感じることがあります。

そのストレスが蓄積された状態が長く続くと、体に不調を及ぼすことになります。いらいらして憂鬱な気分になることはもちろん、体がだるい、重いといった感覚や、腹痛や下痢を起こすこともあります。

そして、体の心の限界を超えた過度のストレスは、自律神経のバランスを乱してしまいます。この自律神経は体内の血流をコントロールする機能を持っているため、その乱れによって血流がうまく行なわれないことになり、体内の細胞に対する酸素や栄養の供給が不十分となり、新陳代謝の低下によって体が冷えていくことになります。

また、腎臓や肝臓などの内臓にも十分に血流がいきわたらなくなり、体を冷やしてしまう原因になります。これがストレスが原因となった冷え性です。この自律神経は自分の力でコントロールすることはできません。

自律神経をもとに戻して、冷え性を改善するには、できるだけストレスをためないようにすることです。しかし、日常生活においてはいたるところにストレスを感じる原因となるものがあります。そのため、ストレスを感じないようにすることは不可能に近いでしょう。

そのため、たまったストレスをいかに発散するかが大事になってきます。その発散の方法は人それぞれかと思いますが、趣味に熱中して頭をリラックスさせたり、十分な睡眠をとることで体を休めて気分をリラックスさせたり、スポーツで体を動かすことなども有効でしょう。

特にスポーツは運動不足による体の冷えを解消する効果もありますのでよりよい方法だと思います。まずは疲れた体に十分な休息を与え、運動によって体の血行を促進させて体内から温めるとともに、蓄積されていたストレスを発散する、このような層状日うかで冷え性を改善しましょう。
 

関連記事一覧

体が冷える食事の過剰摂取

食事をすると体が冷えるといわれています。これは食べものを食べることで体温が低くなるためです。食べものが口を通って胃に入ると、胃はその食べ物を消化して体内に吸収しようと活動を始めます...

不規則な生活

不規則な生活を続けることが冷え性を起こす、あるいは冷え性を悪化させる原因になります。これは不規則な生活によって自律神経のバランスが悪くなることで、血液の流れに悪い影響が及ぼされるか...

運動不足

運動不足も冷え性の原因となります。むしろ、この運動不足が冷え性となる原因の中でいちばん多いものだと思われます。運動不足、すなわち体を動かす時間が少なくなると、体内の血流が悪くなりま...

ストレス

ストレスの過多が冷え性の原因となることも多くあります。人間は誰でもストレスを抱えて生きていると言われています。そのストレスは大小さまざまですが、睡眠不足によるものや体の疲労...